【選手ブログ】4年 広報部 部長 GK山澤侑希

最終更新: 2019年10月2日

こんちには。


日本経済大学経済学部健康スポーツ経営学科


4年の山澤侑希です。


この度、選手ブログが回ってきたので

2つの質問に答えていきたいと思います。




1つ目は、4年間で成長できたことについ


て話します。


まず、私が日本経済大学サッカー部に入


部して感じたことは高校とは違う大学の


緩さに悩み、葛藤する日々がありまし


た。



高校の時までは、毎日サッカーの事だけ


を考える環境があり全国制覇という目標


だけを見て、辛いことや苦しいことも仲


間と共に乗り越えてきました。


そのおかげで、サッカー以外にも挨拶や


礼儀だったり気づきの量が増え、人とし


ても成長する事ができ、いまの自分があ


ると思っています。


しかし、大学に入ったらチーム全体の雰


囲気は緩くサッカーに対して、本気で取


り組む選手はほとんどいませんでした。


大学生にもなれば飲み会や夜遊びなどが


増え、サッカーに集中する選手はごくわ


ずかだと思います。しかし、自分はそう


なりたくないと思っていましたが、現実


はそうではなく周りにどんどん流されて


いき、夜遊びが増え、生活リズムが崩れ


ていきました。


もちろん、サッカーには集中することも


できず、大学2年生まではこの生活が続


き、部活動をさぼった事もありました。


今では本当に後悔しています。


しかし、このままではいけないと自分で


も思っていましたが、なかなか変わるき


っかけもなく、日々もがき続けていまし


た。すると、新チームになるタイミング


で監督が、現在の松本監督に変わり新た


な日経大がスタートしました。これをき


っかけに私も1からスタートしようと決


め、サッカーに集中することができまし


た。




まず、監督が変わって1番大きく変化した


ことは幹部や広報といった沢山の部署が


でき、一人一人に役割が与えられたこと


です。このおかげで私はチームを良くし


ていきたいという想いが強くなり主体的


に行動するようになりました。


思ったことは溜め込まず、必ず言葉とし


て吐き出し、チームが良くなる事だけを


日々考えてきました。すると、一人一人


が自分の役割を意識するようになり、少


しずつではありますがチーム全体の意欲


もあがり、チームの雰囲気が良くなりま


した。



また、私は広報部に所属しており日本経


済大学サッカー部を多くの人に知っても


らうためにSNSを中心に日々盛り上げて


います。


最初は150人のフォロワーからスタート


したTwitterは今では520人まで増え、今


も継続して増え続けています。こういっ


た努力が結果としてついてくると自分の


モチベーションにもなるし、とてもやり


がいを感じています。


こうした様々な改革のおかげで、私は4年


間を充実して過ごすことができ、チーム


のために率先して行動することができま


した。



大学生活も残すところ2ヶ月をきりました


がこの4年間で学んだことを残りの2ヶ月


で最大限に発揮してスタメンで試合に出


てる選手だけでなく、チーム全員が勝利


の事を考え、最後は全員で笑って終われ


るように目標達成に向かって一致団結し


ていきたいと思います。






2つ目は、サッカー部に対する想いについて話します。




私は、現在スタメンとして試合に出場し


ていません。しかし、この大学4年間はと


ても充実したものでサッカー部に入部し


て良かったと思っています。


そこには、サッカー部に対する熱い想い


があったからです。試合に出れる選手は


11人と決まっており出れない選手の方が


多いですが、試合に出れなくても活躍で


きる場はいくらでもあると思います。幸


いにも松本監督の改革で日経大には沢山


の部署ができ、一人一人の役割がありま


す。それが必ずチームの勝利に繋がると


思うし、それがあったからこそ、私は大


学4年間を充実して過ごすことができまし


た。




しかし、いまの日経大はまだまだ一


人一人の意識が足りないと思います。自


分ができているかと言われたらまだまだ


ですが、自分だけ良ければいいという考


えを持った学生が多く、「だるい」「き


つい」などネガティブな発言をする学生


が多くいます。しかし、前よりはだいぶ


チームの意識も変わり少なくはなりまし


たが、まだまだ当たり前のレベルは自分


も含めて低いと思います。チームスポー


ツは1人でもそういった選手がいたら必ず


上にはいけないと思うし、チームは成長


しないと思います。ですので、自分の経


験談と共にサッカー部に対する想いが少


しでもいまの後輩に伝わればと思うの


で、是非最後まで読んでください。




まず、1つ目はチームの事を1番に考える


ことです。私も大学2年生までは自分の事


だけ考え、チームの事など考えたことが


ありませんでした。しかし、広報部に所


属してSNSを運営するようになり、日経


大を多くの人に知ってもらう為にはどう


すればいいだろうと考えるようになり、


そこからチームの事を日々意識するよう


になりました。そのおかげで主体的に行


動することで様々なアイデアが浮かび、


日経大を少しでも多くの人に知ってもら


うことができました。ですので、一人一


人部署に所属している人達も上の学年や


他人に任せるのではなく、積極的に質問


したり、新しいアイデアを出したりして


自分から行動してみてください。そうす


れば、必ず今の日経大には何が必要で何


が足りてないのか分かってくると思うの


で、一人一人がチームの事をもっと意識


して、チームを良くしていきたいという


強い意志をもって日々の生活を送ってい


ってください。





2つ目は、日々のトレーニングを大事にす


ることです。リーグ戦は毎試合週末に開


催されて1週間準備する期間があります。


この1週間の使い方がとても重要で、ただ


淡々と1週間を過ごして試合に迎えるの


と、勝つために1週間どのような準備をし


て試合に望むのか考えて行動するのでは


明らかに後者の方がいいと思います。


ですので、私が日々意識していること


は、公式戦の雰囲気を作るために週の初


めに円陣を組んでスタートしたり、練習


中には必ず声を出して盛り上げたり、次


の相手のセットプレーを分析したりして


チームが勝つための準備を毎試合行って


います。これが正しいかは分かりません


が、やらないよりは絶対にやったほうが


いいと思っています。このおかげで、自


分のセットプレーの分析で点を決めるこ


とができたし、試合に出れなくてもチー


ム一丸となって勝利することができまし


た。このように、チームが勝つためには


自分はなにをすべきか考えて、自分の役


割を理解して行動すれば、必ず最後は自


分に返ってくると思います。





1つ目の意識している事と似ていますが、


これからは一人一人がチームの事を考


え、行動し、思っている事は溜め込ま


ず、それがチームの為になるなら必ず言


葉にして吐き出していってください。





長くなりましたが最後まで読んでいただ


きありがとうございました。



これからも日本経済大学サッカー部は、


日々進化していき九州大学リーグを盛り


上げていきます!

163回の閲覧
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • Instagramの - ホワイト丸