【選手ブログ】4年副将 GK大島孝太

サッカー部に対する思い


僕が日本経済大学のサッカー部に所属し


て4年目になります。感覚的にはもう四年


生か、という感覚です。小中高大とサッ


カーを続けてきた僕は、小中はクラブチ


ームで高大は学校の部活に所属していま


す。特に高校時のサッカー部は部員も多


く、グランドも人工芝で、環境面的には


とても最高でした。それに比べて大学の


日経大サッカー部は部員も少なく、グラ


ンドも土で高校に比べると環境面で劣る


のが日経大のサッカー部の現状です。


私のサッカー人生の中で一番充実した期


間はこの、環境面が劣っている大学サッ


カーです。それがなぜかというと、2つ


理由があります。1つ目の理由は日経大


サッカー部が九州大学サッカーリーグ一


部に所属している事です。この一部に所


属しているという意味は、九州で一番の


大学になるチャンスがあるからです。僕


は一年時から試合に出させて頂く機会が


多く、様々な経験を得ることができまし


た。改めて公式戦というバチバチの環境


でサッカーができる楽しみや、高校時代


に出れなかった悔しさを大学で晴らす嬉


しさが生まれました。日経大サッカー部


はそのような、九州一番になれるチャン


スが転がっています。どこの大学に行っ


てもそのチャンスがあるとは思います



が、日経大は特にそのチャンスが多く転


がっていると思います。


二つ目は日経大は部員が率先して部の運


営をしていると言う事です。部員が各部


署に分かれて、それぞれが責任のある仕


事をします。その中でも主務と呼ばれる


役所は金銭面や他大学との交渉等など、


社会に出て役立つような仕事をしていま


す。この制度は前監督の水島監督から松


本監督に変わった際に行った改革です。


水島監督はまず、日経大のサッカー部と


いう誇りを持たせる指導をしてくれまし


た。そして現監督でもある松本監督はそ


の誇りを更に向上させて、自主性から主


体性へと変えれるように活動していま


す。日経大のサッカー部はこのような仕


事を行うおかけで社会に出て役立つ能力


を養っていると思います。





四年間で人間的に成長できたこと



僕はこの日経大に来ていい経験ができま


した。それが先程の最も充実したキャリ


アでもあります。例を出すとキリがあり


ませんが、その中でも今回は2つ出して


いきたいと思います。1つ目はアルバイ


トで養えた社会経験です。大学に入って


初めてアルバイトをするようになりまし


た。最初はお金稼ぎの為に入っていまし


たが、それが徐々にお客様をどう喜ぶの


かを考えるようになりました。大学まで


は常にサッカーがある状態であまり、社


会に出ていなくて、最初はそのギャップ


にとても苦しみました。 現在ではバイト


先でバイトリーダーを任されるようにな


りました。このような経験ができたおか


げで、サッカー部での副キャプテンの仕


事等のサッカーになんかしらの形で関わ


ってきているのだと思います。2つ目は


1つ目と少しかぶる部分はありますが、


統率力を養える事が出来ました。僕はこ


れまでのサッカー人生でキャプテンや副


キャプテンにつく機会はありましたが、


これといってなにかをしているわけでは


ありませんでした。ですが、大学に入学


した当初から今までの、この課題を克服


するという意味でも常にチームの中心に


いようと思って活動してきたつもりで


す。チームが苦しい時には1番声出して盛


り上げたり、1人で盛り上がって空回りし


たりしてチームを盛り上げてきました。



それも現在4年生となって自分のチーム立


ち位置はみんなから見たらどうなのかは


分かりませんが、この4年間で課題を克服


できたのかなとは思います。あと少しの


大学サッカー人生ですが、少なからず僕


のスピリッツを後輩に伝授できると思う


ので、残りの時間を大切に過ごしたいで


す。




0回の閲覧
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • Instagramの - ホワイト丸